カテゴリー別アーカイブ: おしらせ

大阪民医連学運交で発表

2月11日に行われた大阪民医連学術運動交流集会(略して学運交)で、「つれづれの里」の設立から今日までを発表しました。大阪民医連で初めての試みである午前12時から午後7時までの開設時間は、「つれづれの里」の大きな特徴で、参加者の大きな関心を呼んでいました。

新しい時間帯での デイサービス事業所の開設
(画像をクリックすると、発表スライドの PDF が開きます。)

発表原稿は、西成医療生協このまちサイトに掲載しています。

つれづれ通信第 1号(2010年7月スタート号)

つれづれの里デイサービス初日風景七月一日(木)待ちに待った天下茶屋デイサービスセンターつれづれの里がスタートしました。本日は三名の方々がご利用いただいています。
三月末日に天下茶屋民主診療所の医療機能移転を果たしてから、三ヶ月の準備期間を経てようやくこぎつけた開業です。利用者様とそのご家族、そして地域の組合員さん、みんなで創ってゆくデイサービスにしてゆきます。お楽しみに。「暑い中、風呂が助かるわ。」とつれづれの里の生活支援に期待の声が寄せられています。スタッフ一同がんばります。

贈られたお花

開業にあたりお花を贈っていただいたみなさま。ありがとうございます。

つれづれ通信第 1号

つれづれの里デイサービスはじまる」も参照して下さい。

西成生活協同組合天下茶屋デイサービスセンターつれづれの里
西成区聖天下1-10-26 電話06-6658-7733

事業所内覧(見学)会

カット

旧天下茶屋民主診療所が7月1日から『天下茶屋デイサービスセンター つれづれの里』として生まれ変わります。そこで、開業までの下記の日程で内覧(見学)会を開催します。みなさんぜひお気軽にお立ち寄り下さい。

6月20日(日)午後2時~4時
6月25日(金)午後1時~4時
6月26日(土)午前10時~午後1時

天下茶屋デイサービスセンター名称決定!

名称公募では、多数応募がありいくつかに絞り選考を重ねてきました。結果下記の選定理由により名称決定をおこないました。また、当サイトの名称も「ブログつれづれの里」へ変更しました。何卒よろしくお願い致します。
  • 結果
    • 天下茶屋デイサービスセンター「つれづれの里」
  • 選定理由
  1. 郷土史にちなんで、「地域」らしさ、「地元」らしさをアピールできる。→※事業所の名前の由来参照
  2. ここにしかない名前で、一度聞くと深い印象を与える。
  • 事業所の名前の由来
  • 事業所の近くには地元に親しまれる「聖天さん」(聖天山正圓寺)があります。毎年9月9日9時9分には、「平和を願い憲法九条を守る」決意をこめて、境内にある鐘つきをしています。同じ境内には『徒然草(つれづれぐさ)』で有名な兼好法師(吉田兼好)が移り住んだという伝承ものこされています。わたしたちの事業所も地域の方々にいつまでも親しんでもらえるよう、この兼好法師にちなんで“つれづれの里”としました。兼好(けんこう)は“健康”に通じるかと思います。

    • がもう理事長による歴史解説もあわせてご覧ください。

7月1日開業のデイサービス(通所介護・介護予防通所介護)の名称ぞくぞくと応募あります。

天下茶屋デイサービスセンターの名称募集、いろいろと出てきました。少し紹介すると...

「かけはし」「天の川」「こうのとり」「パンダ」「たまり場」「ひろば」「コスモス」「げんき村」「太閤さん」「聖天下の湯」「虹」「にじ」「ひまわり」「まいにちでい」「七夕(たなばた)」「案山子(かかし)」「とんぼ」「なすび」「寺子屋」「陽だまり」「亀の甲」「陽気倶楽部」「陽だまり倶楽部」「わくわく倶楽部」「つれづれの里」「あさがお」「フラワー」「聖天下温泉」

花や野菜の名前、地名に因んだ名称いろいろあります。「〇〇村」「〇〇倶楽部」というのも捨て難いです。今週中に名称を決めたいと思います。