作成者別アーカイブ: ゼファー生

引越し患者インタビュー(パート3)

職員とYさんのツーショット

天下茶屋民主診療所引越しから1年、 今回は阿倍野支部の Yさんにインタビューをしました。
天下茶屋民主診療所には開所当時から夫共々お世話になっていました。現在西成民主診療所には月1回行っています。家の近くの医療機関に変えないの?と言われることもありますが、長年お世話になっているし、言いたいことはなんでも言えるスタッフもいますし、送迎もしてくれるのでこれからも利用したいです。また所長の先生はすごく庶民的で、診察の時に世間話も聞いてくれるので診療所におしゃべりしにいっている、という感覚で利用しています。
西成医療生協には今後阿倍野にも憩いの場などの気軽に集まれる場所をつくって頂きたいです。これからもよろしくお願いします。

大阪民医連学運交で発表

2月11日に行われた大阪民医連学術運動交流集会(略して学運交)で、「つれづれの里」の設立から今日までを発表しました。大阪民医連で初めての試みである午前12時から午後7時までの開設時間は、「つれづれの里」の大きな特徴で、参加者の大きな関心を呼んでいました。

新しい時間帯での デイサービス事業所の開設
(画像をクリックすると、発表スライドの PDF が開きます。)

発表原稿は、西成医療生協このまちサイトに掲載しています。

引越し3ヶ月─患者インタビュー(パート2)

今回は、聖天下支部 S さんへインタビューをしました。神経難病の息子さんを介護しながら、ご自身の療養にも努めておられます。西成民主診療所のデイケアへは、以前より通われていましたが、内科の診察は、今年の 4月からです。
はじめての診察の時は少し緊張しましたが(笑)みんな優しいスタッフなので、これからも安心して受診できる気がしてホッとしています。
家にずっといると、なかなかできないので、デイケアでは小物を作ったり、おしゃべりをしたりして気分転換をして、物事をクヨクヨせず、前向きに考えるようにしています。
診察の日は、自宅から診療所まで送迎してもらっているので、デイケアがもう一日増えたと思っています。これからも、よろしくお願いします。

つれづれ通信第 1号(2010年7月スタート号)

つれづれの里デイサービス初日風景七月一日(木)待ちに待った天下茶屋デイサービスセンターつれづれの里がスタートしました。本日は三名の方々がご利用いただいています。
三月末日に天下茶屋民主診療所の医療機能移転を果たしてから、三ヶ月の準備期間を経てようやくこぎつけた開業です。利用者様とそのご家族、そして地域の組合員さん、みんなで創ってゆくデイサービスにしてゆきます。お楽しみに。「暑い中、風呂が助かるわ。」とつれづれの里の生活支援に期待の声が寄せられています。スタッフ一同がんばります。

贈られたお花

開業にあたりお花を贈っていただいたみなさま。ありがとうございます。

つれづれ通信第 1号

つれづれの里デイサービスはじまる」も参照して下さい。

西成生活協同組合天下茶屋デイサービスセンターつれづれの里
西成区聖天下1-10-26 電話06-6658-7733

お披露目会、盛大に!

6月20日(日)西成医療生協総代会の終わった後、同じ会場で、天下茶屋デイサービスセンター「つれづれの里」の紹介と新装なった「つれづれの里」に皆さんを案内して見学会をしました。多数のご参加ありがとうございました。開業にむけ、地域の期待を感じさせていただくひと時でした。
今回、紹介のスライドと、見学会などの写真を掲載します。これからも見学会の予定がありますので、どうぞお気軽にお越し下さい。

引越し2ヶ月─患者インタビュー(パート1)

マイク3月で天下茶屋民主診療所が西成民主診療所に医療機能を引っ越ししました。安心・充実の設備といつものやさしいスタッフがお待ちしていますので、今後も引き続き同じ西成医療生協の西成民主診療所をご利用して頂きたいです。そこで今回、天下茶屋診療所閉院後、西成民主診療所に通院されている天下茶屋支部 Sさんにインタビューをしました。
場所は変わったがそんなに不自由はない。待合室が豪華だと思った(笑)。行く前はさすがに少し不安はあったが、行ってみるとそんなことはなかった。なぜなら事務の方も看護師の方もすごく温かく対応してくれるし、天下茶屋診療所にいた顔見知りのスタッフがいて安心もした。
今はあまり使うことはないが、送迎の車があるから雨が降った時や、将来足が悪くなっても行きたい時にいける。これはすごく便利だと思う。
待ち時間が少し増えたのはあるが、医療機関なのである程度はしかたないと思う…。これからも西成民主診療所を利用したい。

夢ぷらん ニュース No.28

天下茶屋東支部、聖天下支部が支部総会を開催

天下茶屋東支部が5月29日に7名、聖天下支部が5月30日に11名の参加でした。主に話題になったのは、1)合併運動に向かう西成医療生協の独自課題である1口増資運動を成功させること、2)7月1日開業の天下茶屋デイサービスセンターと“たまり場”運動を地域にひろげること、でした。聖天下支部では総会終了後、工事現場の“ミニ見学会”をおこないました。

工事順調にすすんでいます。

入浴室の壁も出来上がってきましたよ。階段も明るくなりました。

デイサービスの壁紙が貼られ、やさしい雰囲気が出てきました。

デイサービスの壁紙が貼られ、やさしい雰囲気が出てきました。

以下に、いろんな工事中の写真があります。

続きを読む